<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Knetmasse☆小麦粉粘土の作り方

コースの為に手作りした すべすべした感触の 小麦粉粘土。
たくさんのママに訊かれたので、材料をココに書いておきます。

① 大きなボールに 小麦粉; 1Kg + 塩; 大さじ1
  (色をつけたい場合は、この時点で食紅; 小さじ2 を足す。)
  水を、小麦粉:水=10:3 の割合で 入れる。
  10~20分、こねる。こねる。こねる。

② 油; 大さじ3 + 酢; 少々 を足して、
  更に10分、こねる。こねる。こねる。

③ こねる。遊ぶ。作品をつくる。
  小さい子はクッキーの型抜きでも遊べます。

※ 保存は、ビニール袋に入れて密封し、冷蔵庫で1週間くらい
  持ちます。

[PR]
by Happyfuchur | 2007-07-04 19:11 | 工作教室

16.Mai.07 Knetmasse & Violin Konzert

c0108464_5445494.jpg
こんにちは。あんなに暑かった夏日が、この頃すっかりと肌寒く・・・あのプール日和に、また会いたいなぁなんて 思う今日この頃。 皆様、いかが お過ごしでしょうか?

 この所、すこしバタバタとしているHappyfuchurは、なかなか この大切にしているブログを更新することが出来ずに おりました。
(そのバタバタの理由である工作グループ以外に、デザイナーとしてのお仕事をどのように活動をしているのか というお話は、またいつか・・・。)
 でも、コースを開催する度に 子供達のステキな作品が どんどん生まれているのを そのままにするわけには ゆきません。だって、本当に子供達の個性が溢れた作品が出来ているのですからっ。 そして、ブログ更新を待っているよ、と聞いたら がんばるしかありません(笑)。
 今日は 「最近の大切な想い出」を 何件か、書ければいいなぁ・・・と思います。

まずは、5月16日(水)のコースのお話。
 粘土といっても、小さな子供達が多いので 万が一!口に入れても大丈夫なように この日の粘土はHappyfuchurの手作り小麦粉粘土。 材料は、小麦粉+お塩+酢+食紅など・・・全てキッチンから登場したものばかり。
楽しそうな子供達の様子を ご紹介します。


c0108464_615440.jpgRちゃん&Aくん。上手にコネコネしています。何ができるかな?Aくんのママも、お寿司とかいろいろ粘土で作ってくれました。ママ達も楽しんでもらえると、私もうれしいです。

c0108464_622160.jpgA.H.くん。両手で、粘土へらを使い制作中。真剣・・・。ダイスキな車が出来ていたね。

c0108464_625266.jpgおもちゃ部屋で、こっそり遊ぶDくんをパチリ。ミニカーなどの車遊びが楽しいらしい。

c0108464_632231.jpg自分の大型バス持参で、参加してくれたKくん。雰囲気にも慣れてくれたのか、楽しそうな表情です。

c0108464_63429.jpg次の面白いもの(?)を探すMくん。何でも、口に入れるキミがいるから、小麦粉で作ったのだけど・・・おいしかったかどうかは、彼のみぞ知る。Mくん、おいしかった?

c0108464_64197.jpgいつも、真剣に参加しているM.C.ちゃん。この日も小さな手で、コネコネと何か作ってくれていました。粘土の感触は、どうだったかな?

c0108464_65714.jpgコドモ・コンピューターに夢中のAちゃん。これ、一丁前にマウスとマウスパッドが付いていたりして・・・結構、本格的。ABCのスペルや、数や音楽を習ったりします。


さてさて、ひとしきり 自由に粘土で遊んだ後に待っていたのは・・・

以前のブログに お知らせを掲示していた ART(芸術)2大企画?! 
「バイオリン・ミニコンサート」を Fam.KERN(ケルンさん)のご協力にて 子供達のために 実現することができました。(お二人にお願いしたのは、私なのですが・・・本当に楽しみで、ものすごぉく ドキドキしていたのも私でした!)

子供達の殆どは、初めて聴く本当のバイオリンの音。演奏をお願いしたのは、工作に皆勤賞で参加してくれているM.C.ちゃんのご両親。実際に2歳と0歳のお子様をお持ちなので、子供達が飽きてしまわないように・・・と さすがの選曲でした。
c0108464_6333073.jpg


1曲目は、『トルコ行進曲』 本当のクラシック音楽、ステキでした。
2曲目は、『さくら さくら』  そして、日本らしさ。ふぅーって、ため息なくらい音色に感動。
そして、ラストの3曲目が 最高の演出。最初は、じーっと聴いていた子供達が、少しずつ動き始めた頃に 『アンパンマン・マーチ♪』 
ピクッと 子供達の耳が動き、表情が変わったのを 私は見逃しませんでした。
でも、バイオリンで弾くと アンパンマンもモーツァルトみたいに聴こえてくるから不思議です。
割と大きな音にも関わらず、バイオリンの音が心地よかったのか・・・Rちゃんは、ママの抱っこで寝てしまいました。クスリッ。

そして、クラシックマガジン:crescendoからの提供により、参加の子供達には 記念にクラッシック音楽CDを2枚ずつ Happyfuchurからもプレゼントさせて頂きました。これを機会に 少しでもクラシックに触れてみてくれたらいいなぁと思います。今は、小さくてハッキリとは覚えていなくても 今日のことが『記憶のどこか』に残ってくれたことを願って・・・。
c0108464_6445257.jpg

[PR]
by Happyfuchur | 2007-07-03 05:07 | 工作教室